「お金が目的でもいい」んじゃないですか?

稼ぐ系の情報誌の多くで、
はじめに書かれているのは、マインドセットです。

そこには、
お金は目的のための手段だから「お金を稼ぐ」、
それを目的にしてはいけないと、書かれています。

しかし、
これではかなり高い確率で失敗します。
最初はお金が目的でいいんじゃないですか?。

衣食足りて礼節を知ると云う言葉もあります。
お金がないと悩んでいる人に、
もっと素晴らしい目的があるでしょう?
と言われてもたぶん納得できないと思います。

そんなときは、
まずお金を稼ぐことを目的にがんばりましょう。
お金を稼げるようになったら、
お金に執着しなければいいと思います。

最近ですが、
やっとその言葉の意味がわかってきました。

私ごとですが、
稼ぐことを目的にがむしゃらに頑張ってきました。
なんとか、そこそこ稼げるようになりましたが、
自分自身で望んでいる金額には程遠い金額です。

そんなときにある人のアドバイスで、
稼ぐこと、お金への執着を見直しました。

一生懸命仕事をしていればお金は入ってくる?
そんなことはありません。

一生懸命に、自分本位の記事を書いていたり、
商品の紹介ばかり書いていたら、誰だって引いてしまいます。
こんな人から購入したいとは思いません。

読者の悩みや、不安、不便などを解決する方法を調べて、
書いていけば稼げるようになります。

これは、お盆に水を張り、手前に引くようなものです。
盆に水を張って手前に引くと、水は向こう側にこぼれます。
盆を向こう側に押すと、水はこちら側にこぼれます。

まず、お客さん、読者に価値を感じてもらう。
そうすれば、稼げるようになります。